神奈川県 海老名市 綾瀬 座間 町田 厚木 伊勢原 秦野 相模原 インプラント レーザー治療 3Mix 審美歯科 歯周病 顎関節症

神奈川県 海老名 相模原 チェリー歯科医院
Contents
トップページ
ごあいさつ
医院紹介
治療案内
治療例
Q&A
ご予約・お問合せ
チェリー歯科医院
〒243-0401
神奈川県海老名市
東柏ヶ谷1-6-12
電話: 046-231-0080
FAX: 046-231-0344
診療時間:
月・火・水・金・土
9:30〜12:30
14:00〜18:30
休診日: 木、日、祝祭日
海老名市歯科医師会
神奈川県歯科医師会
チェリー歯科携帯サイト
QRコード
QRコード
 
治療案内
3Mix
◆3Mix法とは
最近新聞やテレビで3Mixが多いに取り上げられ、出来るだけ歯を削らず神経を保存しようと試みられています。当院でも平成4年よりずっと使用し出来るだけ歯を残す努力をしてまいりました。当院では、神経をとらない治療を心がけています。神経をとった歯は脆くなり、金属を被せてもダメになることがあります。3Mixを使うことにより虫歯菌を殺し、神経を保存することができひいては歯の寿命が延びます。治療前にもうすでに痛みが出ていて腫れている症例には使うことは出来ません。現在はかなりの歯科医院が使用しているようですが、確実に行うにはなかなか難しいことも存在いたします。

◆適応症例
全ての虫歯治療に使えるのではありませんが、かなりの歯が神経を取らずに治療可能になりました。主に、乳歯の虫歯や若年者の永久歯の神経をなるべく残すために使用しています。高齢者の黒く深い虫歯も第1選択として治療しています。
3Mixイメージ1  3Mixイメージ2  3Mixイメージ3
虫歯の状態   3Mixを敷きます。   詰め物でカバーします。

◆ご注意(全てのものに万能はありません。)
3Mixといえど万能薬ではなく、経過観察が必要です。処置後再度痛みが出てくることもあります。その時には、残念ながら神経を保存することは出来ず、神経を取ることもあります。
TOP

レーザー治療
当院では、最新療法である「レーザー治療」を行っております。全く新しい治療法を行う事で安全かつ痛みの少ないやさしい治療が可能となりました。これらの効果・作用により以下の治療にレーザー治療を使用しています。
レーザー治療器
虫歯の治療・予防(歯の表面を強化します。)
知覚過敏(冷たい物がしみる方)
口内炎・義歯の接触痛(痛みが和らぎます)
歯周病(歯槽膿漏)の治療
根管治療(歯の根っこ・神経の治療)
レーザー麻酔
止血(歯を抜いた後などの血を止めます)
顎関節症(あごの関節が痛む方)
歯ぐきの黒ずみ(メラニンという色素を飛ばします)
その他(いろいろな治療に)

ドリルを使わずに虫歯治療ができます。レーザーを使うと痛みも少なく、嫌な音がしません。また、麻酔をしなくてすむ場合もあります。
レーザー歯科治療は、高度先進治療に取り入れられている最先端治療で、いままでにはなかった治療法です。エルビウムヤグレーザーは水に良く吸収されるので、水分の多い虫歯部分だけを削ったり、歯肉の消毒をしたりできます。治療時には痛みが少なく、治りが早いのが特徴です。その他にも、歯肉の黒ずみを消したり、歯肉の腫れをおさえたり、口内炎の痛みをおさえるなどいろいろな治療に使えます。
TOP

インプラント
失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え替わってきません。そのため今までは「入れ歯」などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。しかし「入れ歯」だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。
イメージ
インプラント治療は、失ってしまった自分の歯の替わりに人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
固定式であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。
【インプラントは体に無害】
純チタンは人体組織に対する親和性が高く、金属アレルギーの発生の報告は今までありません。また、他の金属アレルギーを持っている人でも問題はありません。
TOP


一般治療
小児歯科
小児歯科とは、ただ子供の虫歯を治療するだけではありません。子供というのは単なる小さな大人ではありません。日々、心も体も成長します。この成長をふまえたうえで、小児科医は専門性をもって治療を行っています。当院では歯がはえはじめてから、永久歯にはえかわるまでを原則としています。大体、生後6ヶ月くらいから、高校生ぐらいまでです。
イメージ
予防のために・・・
◆食事は規則正しく
ダラダラ食べさせるのはやめましょう。
おやつは時間を決めて2回以下にする。
寝る1時間前には食べない事
◆おやつは、甘いものを控える
砂糖入りの甘いものは時間を決めて楽しみましょう。
歯を丁寧に正しく歯磨き。
7才までのお子様にはお父さんお母さんが最後の仕上げをし、仕上げにフッ素入り歯磨き粉を使いましょう。
歯と歯の間はデンタルフロス(糸ようじ)にフッ素入りの歯磨き粉を少量つけて使うと効果的です。
◆キシリトール入りのガム
食事したら、必ず噛む。
酸が唾液によって中和されます。
よくかんであごの発育。
ハブラシのあと夜は寝る前にもかみます。
1日2回は行い、5〜10分間ぐらい噛みましょう
◆フッ素の利用
歯質の強化。
酸の産生をおさえる。(歯磨き剤、フッ化物溶液で洗口、歯面へのフッ化物添布)
◆シーラント
虫歯菌は溝が大好きです。
生えてきたての永久歯はとてもエナメル質が弱い
溝をシールして歯を溶けるのを防ぎましょう。
◆噛み合わせ
下顎が上顎より前に出ているかな?と思ったら、すぐに歯科医に相談しましょう。(反対咬合)

TOP

口腔外科
口腔外科としての領域は、あまり一般に認知されていないようです。
お口は消化器系の入り口であり、体の中で唯一硬組織(骨)がむき出しになり、外界にさらけでているデリケートなところです。一般の歯科治療以外に、下記のような症状が歯科口腔外科治療になります。
イメージ
◆顎関節症
お口が開きにくい。開けるときに痛みがある。関節から音が鳴る。このような症状を顎関節症といいます。
下の顎は顎関節(耳の前)を中心に4つの筋肉でぶら下がっています。かみあわせ・歯ぎしりが原因で顎関節症を発症することもありますので、いろいろな方面からの診査が重要です。
◆親知らず・埋伏歯
  現代人は顎の大きさが小さくなっているので、親しらずが並びきらないことが多いです。
まっすぐはえない事が多いので、他の歯にいろいろな悪影響を与えることが多いのです。真横に埋まっている場合も多く、その際には抜歯時に歯肉を切開し骨を部分的に削って抜かなければなりません。
術後の腫れや痛みは、歯の状態はもちろん術者の技術的な差が大きく影響します。
◆粘膜疾患
  お口の中はいろいろな細菌でいっぱいです。
口内炎〜癌まで、粘膜はいろいろな症状を示します。
初期のサインを見逃さずに、適切な処置をすることが重要です。
TOP
Copyright (c) Cherry Dental Clinic All Rights Reserved.